水色の水彩絵の具を薄く伸ばしたような空を、軽やかな風が駆けていく。雲ひとつない、うららかな午後。 窓から風が運んできた薄紅色の花びらを、ノートの端に認めて、花園 麗良〔はなぞの れいら〕はペンを止めた。
( 花壇にこんな花、咲いてたかしら)
 指先でそっと摘まんでみる。しっとりと指に吸い付くような質感に柔らかな厚み。 麗良には、それがバラの花びらだとすぐに解った。
 昇降口横にある花壇は、園芸部が管理していて、四季折々の花が校舎に彩りを添えている。 シャクナゲ、アネモネ、ラナンキュラス、カーネーション……。 麗良は園芸部員ではないが、毎日見かける花壇にバラの花が咲いていないことくらいは記憶している。
 この女学院には、大きなバラ園がある。 だが、校舎の裏手から少し離れた場所にあるので、そこから校舎のこちら側まで花びらが風に舞ってくることはない。
 麗良が不思議に思った時、俄かに教室がざわつき始めた。顔を上げると、何枚もの花びらが教室の中を舞っている。 赤、白、黄色、紫……色とりどりの花びらが、徐々に勢いを増し、窓から教室へとなだれ込んでくる。まるで花吹雪だ。
 きれい、と麗良は思い、しばし魅入った。花びらからは歓喜と祝福の匂いがし、麗良の心を浮き立たせた。
 しかし、授業を妨害された教師はそう思わなかったようだ。
「誰か、早く窓を閉めなさい」
 教師の指示に、窓際に座っていた生徒が数人立ち上がり、窓を閉めようとして固まる。どうやら窓が動かないようだ。
「何をふざけているの。ほらっ、早く!」
 教師も加わり、数人がかりで試みるが、びくともしない。その間も、花吹雪は更に勢いを増して足元に積もっていく。教室を埋めつくそうとするかのように。
 恐怖に駆られた生徒たちは、教室から脱出しようと扉へと駆け寄るが、やはり扉も開かない。閉じ込められてしまったようだ。
 皆がパニックに陥る中、麗良だけが何故か落ち着いて着座していた。慣れ親しんだ花々に囲まれているからだろうか。 彼らの香りは、麗良の身体と心を優しく包み込み、心地よい高揚感すら味わわせてくれる。 そんな麗良の目が、机の上にある教科書やノート、プリント類に止まった。これだけ花びらが吹雪いているのに、それらは微動だにせず鎮座している。
 風ではない。花びら自体が吹雪いているのだ。
 自分は夢を見ているのだろうか。 授業中にうたた寝をしているのだとしたら、少し勿体ない気もするが早く目を覚まさなくては、と軽く頭を振り、頬をつねった。
 ……痛い。麗良は軽く目眩を感じた。これが夢ではないのだとしたら、幻覚を見ているのか、現実的じゃない何かが起きているとしか考えられない。
(……レイラ……)
 ふいに誰かが麗良を呼んだような気がした。 クラスメイトの友人だろうかと周囲を見渡してみたが、皆パニック状態で扉に押し寄せており、誰も麗良のことを注視している者はいない。
(……レイラ……おいで、こっち、だ……)
 今度は、はっきりと聞こえた。周囲は誰もその声に気付いていないようで、麗良の頭の中に直接響いているようだった。 麗良は、その不思議な声がする方、開いている窓へ向かい、手で花吹雪を避けながら顔を出した。
 その途端、ふっと花吹雪が止み、麗良の視界が開けた。むせ返るような花の香りと共に、麗良が見たのは、変わり果てた校庭の姿だった。
「なに、これ……」
 校庭は、鮮やかな色彩に染まっていた。宙を舞う花びらの合間からよく見ると、無数の花が校庭を埋め尽くしている。 二階にあるこの教室からは、はっきりとした花の種類まではわからないが、一種類ではない、多種多様な花々が咲き乱れているのはわかった。 麗良が見たことのない花まである。
「レイラ」
 校庭の真ん中あたり。色とりどりの花々の中、埋もれるように一人の男が立っていた。 黒い髪に浅黒い肌、黒いスーツに身を包んだ男は、まるで悪魔のようだった。悪魔は麗良を見上げて微笑んだ。
「レイラ、君を迎えに来たよ。さぁ、パパと一緒にパパの国へ帰ろう」
 それが麗良と父親との最初で最悪の出会いだった。